信用情報に問題があることが多いです

キャッシングの利用には、申し込みをする本人に定期的な収入があることが条件です。ですがきちんとした仕事をしている場合でも審査に落とされてしまうことがあります。例えば収入と比べて借り入れ希望額が大きい場合や、まだ今の職場での勤務期間が短い場合などが挙げられますが、一番の原因は信用情報です。

 

この信用情報が原因になるのは、今までにキャッシングやクレジットカードの利用で支払いの遅延や未払いがあった場合です。これらの情報は全て信用機関に個人別に記録されています。キャッシングの審査ではこれらの信用情報も確認して融資の判断しています。過去にそのようなことがあった人はこれが原因で審査に落とされてしまうことがあります。

 

支払いの遅延は全て記録されています

キャッシングやクレジットカードの支払いを遅延したという情報は全て記録されていますが、ほんの1日や2日の遅れがあったくらいでそう信用情報が悪化するようなことはありません。ですがこれが何回も続くようなことがあると、悪質だと判断されてしまうことがあります。返済日はきちんと守ることが大切です。

 

またこの信用情報にはキャッシングやクレジットカードの利用情報だけでなく、携帯電話の情報も記録されています。クレジットカードやキャッシュカードで支払いの遅延をしたことがないのに信用情報が元で審査に落とされてしまったと思われるような場合、これが問題のことが少なくありません。

 

まず携帯電話の購入時にその代金を分割して支払う契約にすることがありますが、この支払いを遅延してしまった場合がそうです。この分割での支払いも立派なローン契約です。これを遅延することがあると、信用情報を悪くしてしまいます。

 

そして電話料金もこれに該当します。支払いを行わないことで電話が止まってしまったことがある人もいると思いますが、支払えばまた通じるようになるからと簡単に考えていいものでもありません。この通話料金の支払いの遅延も信用情報を悪くする原因になってしまいます。これが原因とは気付かずにキャッシングが利用できなくなってしまうことが往々にしてありますので、注意してください。

 

希望額は少ないに越したことはありません

キャッシングの審査では、希望額に応じてその結果が変わります。もちろん年収の1/3を超えてはいけない総量規制という決まりがありますが、それ以内の希望額の場合でも、職場への勤務期間や信用情報などが原因でその金額では審査を通らないことがあります。

 

希望額が少ないと、勤務期間や信用情報に多少の不安があった場合でも、この金額なら大丈夫だろうと判断されて審査を通ることがあるため、必要とする最低額を希望することが審査を通過するには大事になります。キャッシングの最低の限度額は10万円です。

 

10万円以下を希望した場合でも審査を通らなかった場合、収入や他からの借り入れ、そして信用情報などのどれかの要素から、金額以前にこの人には融資自体が難しいと判断されたということになります。収入面に問題が無い場合、信用情報が原因の可能性が高いといえます。この場合は信用情報がクリアされるまではキャッシングの契約は難しいかも知れません。

 

この信用情報は5年間保持されます。小さい金額を希望した場合でも限度額が必要以上に大きく設定されることがありますが、これはそこまでの金額であれば問題なく貸せると判断されたということになります。また大きい金額を希望して審査を通らなかった場合、限度額をそれより小さくして再審査をした結果が知らされることがあります。例えば30万円を希望した時に、限度額20万円であれば大丈夫だと言われるような場合です。

 

このようなケースがあるので希望額はとりあえず大きくしておいた方がいいと勘違いしてしまうかも知れませんが、こういった再審査はしてくれる場合としてくれない場合があります。そのまま30万円の審査として落とされてしまうことも多いので、必要以上に大きい金額を希望することはおすすめしません。また必要以上の金額を借りる必要もないので、申し込み時にはできるだけ小さい金額を希望してください。それによって審査を通る可能性が高くなります。

消費者金融ランキング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日