審査が甘い消費者金融系カードローンは収入証明不要!審査が甘いので安心です!

「今月、少しだけお金が足りない!家族や友人に借りるわけにもいかないし、どうしよう・・・」と途方にくれている人はいませんか?そんな時には少額から借りられる消費者金融を利用することをおすすめします。5万円、10万円などのキャッシングでは少なく感じる人もいるかもしれませんが、消費者金融で50万円以下の少額借り入れをすることはメリットがあります。

 

大きな融資になればなるほど審査が厳しくなりますが、少額融資の場合、収入証明書の提出が不要になる場合があります。また、無担保でお金を借りることができたり、申し込んだ後の審査がスピーディーに進むことが多いのです。その結果、なんと最短で即日融資が可能となっています。

 

申し込んだその日にお金を借りることができるなんて、すごいことだと思いませんか?特に、テレビやネットで広告を出している大手消費者金融の場合は知名度が高く、信頼がおけます。銀行と提携している場合もあり、倒産などの恐れもないので安心です。

 

簡単にお金を借りることができるのはどうしてか?

消費者金融系カードローンで少額融資を受ける場合、審査が通りやすいです。利用条件として、継続した一定の収入源があること、年齢に問題がないこと、必要書類を提出することなどがあげられます。必要書類と聞いて、どのような書類を提出しなければならないのか不安に思う人もいるでしょう。

 

あまり難しい書類だと集めきれないからです。しかし、その点の心配は不要です。必要書類といっても簡単なもので、本人確認ができれば問題ありません。例えば、運転免許証、健康保険証、パスポートなど、身分を証明できるものがあればそれを郵送したり、ネットから画像を送信することで本人確認できます。それらを提出することでカードローンに申し込みすることができます。

 

借り入れが50万円を超えると収入証明書が必要になるケースがあります

収入証明書で一番確実なのは、源泉徴収票です。その他、給与明細や確定申告書などでも構いません。現在自分がどのくらいの収入があるかを証明する書類があればいいのです。詳細を1つ1つ確認されるわけではありませんが、審査が通りたい一心で、嘘の書類を提出しないように注意してください。

 

偽造書類で審査が通ったとしても、後々延滞が発生したりした場合、有印私文書偽造で詐欺罪になってしまうこともあります。正しい書類を提出するよう心がけましょう。

 

自己申告で審査可能な少額融資ですが、嘘は厳禁です

消費者金融の申し込みをする場合、少額の融資であれば、自己申告で通ることが多いです。属性が高ければ高いほど、審査に通りやすくなるので、申し込みにはなるべく高い属性を記入するようにしましょう。住まいについても、一人暮らしをしているけれど、実家が近くにありよく実家に通っているという人であれば、住所を家族の持ち家にすることで審査が通りやすくなります。

 

収入面でいうと、自営業者で所得に変動がある場合は、年収の多い年を記入すると良いでしょう。50万円までの枠の申し込みであれば、一定の所得があれば大抵の人は審査が通りますので、あまり神経質になる必要はないかもしれません。

 

消費者金融系カードローンは審査の甘さ以外にもメリットがあります。例えば、最初の融資の時に利息ゼロ円キャンペーンを実施していることもあります。店頭や自動契約機、ネットから簡単に申し込めるので安心です。特に、インターネットで申し込むと、早い場合は最短で30分ほどで審査結果が出る事もあります。

 

キャッシングを急ぎたい人にはおすすめの申し込み方法です。ただし、消費者金融は総量規制がありますので、年収の3分の1を超える融資はできないので注意してください。