給料日前の金欠状態はキャッシングで解決!

会社員は給料日前になると懐事情が苦しくなることも多いと思います。そんな時に数万円の少額のキャッシングをして乗り切る手があります。

 

キャッシングを利用することを悪いことだと考える人もいるかも知れませんが、全くそんなことはありません。3万円程度であればすぐに借りることができ、また少額の借り入れであれば金利もごく僅かです。むしろ利用しないことで受けてしまう金欠によるデメリットの方が気になるほどです。

 

10万円までの借り入れは簡単です

キャッシングの審査では、10万円の限度額が一番最低の設定になります。それ以下の金額を希望した場合でも、審査は10万円の借り入れとして行われます。実際に借り入れを行うのはそれ以下でも構いませんが、10万円の限度額の審査に通らないと、3万円の借り入れも行えないということです。この10万円の審査を通過することは全く難しくありません。ごく普通に働いている人であれば、誰でも問題なく通ります。

 

ですが現在他社からの大きな借り入れがあったり、過去にキャッシングやクレジットカードの利用で返済のトラブルを起こしたようなことがあった場合は別です。他社からの借り入れは総量規制の範囲(年収の1/3)までまだ余裕がであれば、それほど問題にはなりませんが、返済のトラブルは審査で落とされてしまう大きな原因になります。

 

これはキャッシング会社はきちんと返済を行わない人を一番嫌うからです。キャッシングは無担保、保証人なしでお金を借りることができますが、それは言い換えればその人を信用してお金を貸してくれているということになります。そのため、審査では信用が第一になります。返済でトラブルを起こしたような人には厳しくなります。一度や二度の返済の遅延がそれほど大きな問題になることはありませんが、長期間滞納したようなことがあった場合、それが原因で審査を通らないことがあります。

 

限度額まで使い切る必要はありません

ですが10万円の審査であれば、過去に返済の遅延が合った場合でも、現在の借り入れ状況が悪くなければまず通る可能性が高いといえます。3万円を借りたいと思った場合、まずこの10万円の限度額を受けて、その範囲で借り入れを行うことになります。ですが10万円まで借り入れを行える範囲があるので、つい余計に借りてしまうことがあるかも知れません。

 

ここでは自制心を働かせることが大事になります。この限度額を無理に使い切る必要は全くないので、本当に必要な金額だけを借り入れてください。10万円は使う気になればあっという間です。借り入れ金額が大きいほど、それに対して掛かる金利額も大きくなります。必要以上の借り入れはそういった面でも損になってしまいます。

 

少額の借り入れなら銀行より消費者金融

10万円までの少額の借り入れの場合、銀行のカードローンを利用するより消費者金融から借り入れを行った方がいいでしょう。銀行の方が金利が低く設定されていますが、審査を通る確率が消費者金融の半分だというデータがあります。まず審査を通過できないことには金利どころの話ではありません。

 

その銀行と消費者金融の金利額の差ですが、3万円を1ヶ月借りたとして、銀行の平均金利の14.5%で計算すると、金利は357円になります。消費者金融では18%のところがほとんどなので、443円です。このように1ヶ月当たり100円も変わりません。この程度の差であれば、審査を通る可能性が高い消費者金融の方を利用した方がいいでしょう。

 

またこの金利は日割りで計算されるものです。決められた返済日前に前倒しで支払ってしまうことで、最低限の金利額の支払いだけで済みます。

 

無利息期間を有効に利用しましょう

新生銀行のカードローンのレイクでは、5万円以下の初回の借り入れに対して180日間無利息になるというサービスを行っています。3万円程度が必要な場合、このサービスは大変魅力的です。この無利息期間の180日を過ぎてしまった場合でも、それを過ぎた日数分だけの金利が発生します。借り入れから200日で返済を行った場合、20日分だけの利息の支払いになります。

 

また消費者金融ではプロミスとアコムで同様の無利息サービスを行っています。共に初回の借り入れに対して30日間無利息になります。またレイクで初回に5万円を超える借り入れを行った場合、この2社と同じように30日間無利息になります。このような無利息サービスを利用することで、全く金利を支払うことなくキャッシングを利用することが出来る場合があります。こういったサービスはすすんで利用しましょう。

 

学生やアルバイト、また専業主婦の場合は

自身に収入がない専業主婦は消費者金融から借り入れを行うことは原則的にできないので、銀行のカードローンを利用することになります。銀行では専業主婦に対して、限度額が30万円の融資を行っています。(一部では50万円の銀行もあります)

 

学生やアルバイトの場合は会社員の場合と同様に、消費者金融の方が借り入れを行いやすいです。定期的な収入があることが条件になりますが、その収入によって限度額こそ変わりますが、10万円までであれば、信用情報に問題がなければまず問題なく借りられると思っていいでしょう。

消費者金融ランキング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日