毎月の公共料金の支払いをキャッシングで乗り切る!

フリーターの人の日々の生活の中の出費で、意外と掛かってしまっているのが公共料金の支払いです。その中でも特に光熱費が大きいウエイトを占めていることが多いと思います。

 

夏場や冬場になると、住んでいる地域によってはこれがかなり掛かってしまうことがあります。月に2万円以上の出費になることも少なくありません。

 

この光熱費の支払いを、キャッシングを利用して乗り切ってしまうという方法があります。非常手段ではありますが、夏場や冬場に支払いが滞ったことで電気を止められてしまっては大変です。そうなってしまうくらいなら、キャッシングを利用した方がいいでしょう。

 

フリーターやアルバイトにおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

ライフラインが止まるくらいならキャッシングをしましょう

光熱費の他に、水道代も毎月支払わなくてはならない公共料金です。これらのいわゆる”ライフライン”は止められてしまうと、生活そのものに大きな影響を及ぼしてしまいます。それを防ぐためにキャッシングを利用して支払いを行うことは、決して悪いことではありません。むしろ支払わなかったことで起こる、日々の生活における数々のデメリットの方が大問題です。

 

例えば2万円を1ヶ月キャッシングしたとします。この時に掛かる金利は約300円です。この約300円のために電気が止められて電化製品が一切使えなくなったり、水道が使えなくなるなどの不自由な生活を強いられるようなことはいかがなものでしょう。

 

月に300円のプラスの出費は全く問題にならない範囲だと思います。例えばぺットボトルのジュースを2本買っただけで、もうその額になってしまいます。それを我慢するだけで1ヶ月分の光熱費の金利が支払えてしまうと考えれば、お金がないことで支払いを延滞して電気や水道が止められてしまうリスクを背負うくらいであれば、すすんでキャッシングを利用するべきだといえます。

 

金利は日割り計算です

2万円のキャッシングに対して1ヶ月で約300円の金利が発生すると書きましたが、これは1ヶ月間ピッタリ借り入れを行った場合です。返済を待たずに繰り上げ返済を行った場合、それより安い金利の支払いで済みます。1ヶ月で約300円ということは、1日にすると約10円ということです。

 

20日で返済した場合、金利は約200円だけになります。日払いのアルバイトなどをして返済が行える余裕ができた時は、返済日を待たずにすぐに返してしまいましょう。2万円であれば、1か月分の金利を含めたとしても、日給制のアルバイトなどを利用して一気に数日で稼いで返済してしまえる額だと思います。

 

電気や水道といったライフラインは生活に直結するので、支払いが一度遅れたくらいですぐに止められてしまうことはありませんが、度々請求書や督促状が届いては精神的にもよくありません。そのような思いをするくらいなら、キャッシングをして支払ってしまいましょう。

 

フリーターでも問題なくキャッシングが可能です

フリーターのようなアルバイトの人はキャッシングで借り入れを行うのは難しいと考えている人もいるかも知れませんが、そういうことはありません。

 

会社員や公務員といった職業と比べた場合、やはり限度額が抑えられる傾向はありますが、その人にきちんと収入があれば、フリーターというだけで審査で落とされてしまうといったことはありません。

 

キャッシングは定期的な収入さえあれば、職業はあまり関係なく利用できます。フリーターの人でも問題なく借りることができるのです。

 

年収の1/3までの借り入れが可能です

キャッシングでは年収の1/3までしか借り入れを行えないという、総量規制という決まりがあります。これは職業に関係なく適用されるもので、フリーターの場合でも同様です。フリーターの人でも年収が100万円を超える人もいると思います。その場合、30万円までの借り入れは難しくありません。

 

それ以上の額の借り入れとなると、初回の借り入れ時では難しいです。フリーターの人でもしっかり返済を行って実績を積むことで、50万円まで借り入れを行えるようになることも珍しくありません。このように年収や実績に応じて限度額が大きくなっていくので、フリーターでもきちんと定期的な収入のある人であれば、月々の数万円の公共費をキャッシングをして支払うことは全く難しいことではないという訳です。

 

必要なだけをキャッシングして、お金があることで早めに返済してしまうことで、ほんの僅かな金利だけで毎月の公共費の支払いを乗り切ることが可能になります。

 

無利息期間をすすんで利用しましょう

初回の借り入れに限り、無利息期間を設定している消費者金融や銀行があります。まず新生銀行のカードローンのレイクでは、初回の5万円以下の借り入れに対しては180日間無利息になります。レイクではそれ以上の金額の場合は30日間無利息になります。

 

その期間中に返済をすれば利息は全く掛からないので、このような無利息サービスはすすんで利用しましょう。この無利息期間を過ぎてしまった場合でも、超過した日数分だけの利息になります。例えば200日間利用した場合は20日分だけです。

 

また消費者金融ではプロミスやアコムが同じように初回の借り入れに対して、30日間無利息のサービスを行っています。このような初回限定のサービスは、毎月の公共費の支払いとなるとそう何度も利用できませんが、初回だけでも利用して、少しでも金利を抑えましょう。

 

キャッシングの利用は決して悪いことではありません。むしろ利用しないことで生活に直結するようなデメリットを受けるくらいなら、すすんで利用するべきだといえます。

消費者金融ランキング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日