少額キャッシングなら収入証明書不要!

実はキャッシングを利用する際に絶対必要な書類は身分証明書のみです。条件さえ揃っていれば運転免許証だけで借入ができるという事になります。運転免許証を持っていない場合は健康保険証やパスポートで代用できます。

 

キャッシングの際に収入証明書が必要だと思って居る人も多いでしょう。しかし少額の融資であれば収入証明書不要な場合も多いのです。ほとんどの消費者金融では50万円までは収入証明書が必要ありません。

 

銀行のカードローンの場合だと銀行によって異なりますが、100万円以下なら不要です。場合によっては収入証明書なしで300万円まで融資してくれる場合もあります。

 

身分証明書だけで審査通過できる

既に説明したように消費者金融でも銀行でも身分証明書だけでお金を借りる事ができます。

 

収入証明書が必要な場合

借入額が大きくなれば収入証明書の提出を求められます。具体的には消費者金融で50万円以上の借入あるいは他社と合わせて100万円を超える場合です。銀行では100万円〜300万円までと幅が広いため確認する事が大切です。

 

ほとんどの銀行では300万円まで収入証明書不要

ここまで銀行では100万円〜300万円という表現をしてきましたが、実際にはほとんどの銀行で300万円まで収入証明書が不要です。100万円で収入証明書が必要なのは三菱東京UFJ銀行、200万絵んで必要なのはみずほ銀行です。

 

これ以外にも地方銀行などで存在するかもしれませんが、基本的にはここ以外は300万円まで収入証明書不要と考えて問題なさそうです。

 

本人確認は運転免許証で

運転免許証を持っている場合にはあえてパスポートを提出するような人はなかなか居ないでしょう。通常は運転免許証を提出すると思いますが、それで正解です。実は本人確認書類の中でも信頼度に差があるのです。

 

運転免許証はその中でも一番信頼度が高いため融資を受けやすくなります。何より他のものを用意するのは面倒なので運転免許証を用意するのが楽です。

 

自営業や法人では必要書類が異なる

これまで説明してきた内容は会社員などの場合です。自営業や会社の経営者の場合には必要書類が少し異なって来ます。まず収入が安定しない可能性が高いため必ず収入証明書の提出を求められます。

 

自営業の収入証明書とは

基本的には収入がしっかりあることを証明できれば問題ありません。そのため「確定申告書」「納税証明書」「所得証明書」などが該当します。収入から計算を行う「住民税決定通知書」などでも証明することが可能です。

 

特に所得証明書は役所が年収をまとめてくれたものになります。自分でも収入を完璧に把握するのは面倒な自営業にとってはとても便利なものです。これらを用意すれば個人事業主でも問題なくお金を借りる事ができます。

 

 

専業主婦の必要書類

 

 

専業主婦は働いていないため当然収入がありません。この場合は借入に様々な制限が発生します。まず借入の際に身分証明書は必ず必要となります。これについては働いている人と同様なので特に迷うこともないでしょう。この他に婚姻関係を証明するための住民票が必要になります。

 

更に配偶者が借り入れに同意しているかどうかを確認する同意書も必要になります。つまり基本的には夫に内緒でキャッシング利用という事はできません。しかしあくまでも基本は内緒にできないという事なので例外も存在します。

 

同意書なしでも利用出来る銀行のキャッシング

実はいくつか夫の同意がなくても利用出来る銀行が存在しています。具体的にはイオン銀行、楽天銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行がそれにあたります。これらの銀行を選ぶ事で夫に内緒でキャッシングを利用できてしまうのです。

 

つまり住民票と身分証明書だけでお金を借りられるということです。本来は夫に内緒で借金をする事は褒められたことではありませんが、様々な事情でどうしても内緒で借りなくてはいけない場合には同意書不要の銀行を選びましょう。

 

住民票も不要な銀行がある

なんと住民票がなくても専業主婦の利用出来る銀行カードローンが存在します。それは楽天銀行と横浜銀行です。つまり身分証明書だけで借りられます。横浜銀行のカードローンでは別途夫の名刺は必要になるので注意してください。

 

また神奈川か東京、あるいは群馬に在住していないと利用できないという点も注意です。少し癖のあるサービスなのは間違いありません。楽天銀行であれば住んでいる地域に関わらず誰でも簡単に利用できます。夫に内緒でお金を借りたいのであれば楽天銀行スーパーローンを利用すると良いでしょう。

 

学生のキャッシングで必要になる書類とは

学生でも20歳以上であれば学生でもキャッシングを利用できます。もちろんアルバイトなどで収入があり返済能力があることが条件となります。ただし三菱東京UFJ銀行では親権者の同意書が必要になってきます。親にバレたくない場合は他の業者を利用するようにしましょう。

 

また学生証は基本的に提示する必要はありません。地方銀行などの一部の銀行では提示を求められる場合もありますが、レアケースでしょう。学生専用のローンなどに申し込む場合には必要なので注意してください。それ以外は基本的にアルバイトやパートと同じような条件であると考えて良いでしょう。

消費者金融ランキング

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日